漏電ブレーカー取替工事  タイミングや費用はいくら

漏電ブレーカー

漏電ブレーカー取替工事

漏電ブレーカーとは

漏電ブレーカーは分電盤から電気を送っている先で漏電が起きた場合に漏電を検知して漏電ブレーカーを遮断させることによって漏電火災などを防ぐ役割があります。
(ご家庭で漏電ブレーカーが設置されていない分電盤をご利用の方は早期に漏電ブレーカを取り付けられることを強くお勧めします。)

現在の漏電ブレーカーは電気契約方法によっては過負荷でも遮断されますので、漏電ブレーカーで遮断された場合は、漏電で遮断されたのか過負荷で遮断されたのかをまず確認しましょう。漏電ブレーカー取り付け工事はこちらにご相談下さい。↓
【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

漏電ブレーカーの仕組み

漏電ブレーカーは行き電流値と戻りの電流値を測定します。通常の状態では行きの電流値と戻りの電流値は同じになります。
電化製品などで漏電があると行きの電流値と戻りの電流値に差が出てきます。漏電ブレーカーこの時の差を検知して電気回路を自動的に開いて漏電を遮断します。

家電製品だけが漏電するわけでない

漏電
電化製品が壊れていて漏電ブレーカーが作動する場合は多々ありますが電化製品だけが漏電するわけではありません。

電化製品を差し込んであるコンセントがたこ足配線になっていておりにほこりなどに湿気が溜まってトラッキング現象を起こす場合、屋外に設置してある照明器具が劣化などで水が入って漏電している場合など漏電の原因はたくさんありますので漏電が起こった場合は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼をして改修工事をしてもらいましょう。

漏電ブレーカーの寿命は

漏電ブレーカーの寿命は10年から15年とされています。分電盤の寿命がおよそ13年となっています。分電盤を取り替えると同時に漏電ブレーカーも新しく取り替えることになります。

またテストボタンを押して動作がしない場合は故障の可能性がありますので早急に取り漏電ブレーカー替え工事を【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼しましょう。

漏電ブレーカーを取替工事を行う場合

どのようなときに漏電ブレーカーの取替工事を行うのか主な4つを見ていきましょう。
また分電盤を取り替える場合は分電盤内に漏電ブレーカーが付いています。分電盤を取り替えることによって漏電ブレーカーも新しくなります。

「分電盤取替工事 ご家庭の分電盤が壊れた時の対処方法」詳しくはこちら

漏電ブレーカーの経年劣化

漏電ブレーカーも古くなると不具合を起こすことがあります。分電盤は13年が寿命と言われております。現在お使いの分電盤についている漏電ブレーカーが13年以上使われている場合はテストボタンを押して正常に動くかどうかまず確認しましょう。

漏電ブレーカーが壊れたとき

漏電ブレーカーからジィーーと異音がしていたり、漏電ブレーカの表面が異常に熱くなっていたり、表面が焦げている場合は不具合を起こす可能性がありますので早めに点検した方がいいでしょう。漏電していないのにレバーが上がらないなどの場合も【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に相談してみることをお勧めします。

電気契約を上げる場合

電力会社との契約内容が主開閉器契約となっている場合はお客様の分電盤内の漏電ブレーカー(主開閉器)で契約している場合があります。
主開閉器契約で現在50アンペアの漏電ブレーカーが設置している場合は100アンペア契約となります。これ120アンペアまで増設したい場合は、60アンペアの漏電ブレーカーに取替工事をする必要があります。電気契約を上げるためには電力会社申請と併せて【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼することとなります。

「電気契約増設工事 倉庫や家庭の電気契約を上げたい」詳しくはこちら

電力会社から電気契約を上げるなら
漏電ブレーカーを取替えてと言われたとき

過負荷漏電ブレーカー

上記の写真のように現在設置してある分電盤内の漏電ブレーカーが過負荷対応でなく漏電専用のブレーカーの場合は電気契約を上げるために電力会社の方から過負荷付の漏電ブレーカーに取り替えてくださいと言われることがあります。
【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼をして漏電ブレーカー取替工事を行い電力会社へ連絡をしましょう。

漏電ブレーカー取替工事価格

漏電ブレーカーの取替工事価格は漏電ブレーカーのアンペア数によって商品の価格が変わってきますので工事代金も変わってきます。
30アンペアの漏電ブレーカー取替えの場合
およそ20,000円から
40アンペア50アンペアの漏電ブレーカー取替えの場合
およそ25,000円から

各ご家庭によって分電盤の種類、漏電ブレーカーの種類、が異なります。電気工事店に無料見積を依頼して最適な漏電ブレーカーを提案してもらいましょう。

分電盤内で一番高価なブレーカーが漏電ブレーカーとなりますので場合によっては分電盤取替工事と漏電ブレーカー取替工事の工事代の差額が小さい場合もあります。漏電ブレーカーを取替えようと検討している場合は分電盤の取替工事も同時にお見積もりを取って検討するのがおすすめです。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

漏電ブレーカー取替は自分でできる?

漏電ブレーカー取替え工事は「電気工事士」の免状が必要となります。
漏電ブレーカーの取付方法が悪かったり配線を間違えたりすると電化製品が壊れてしまったり火災の原因になったり大変危険ですので【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に依頼しましょう。

漏電ブレーカー取替工事は、お見積りを依頼しましょう。

漏電ブレーカーや分電盤は分電盤の年式や各種メーカーによって取り付けられる漏電ブレーカーの種類が違ってきます。電気工事店にお電話で現在設置してある漏電ブレーカーのメーカー、型式番号を知らせて御見積を出していただくか【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に一度、ご家庭の分電盤を見てもらいご家庭に最適な御見積をご提案頂くのが良いと思います。


急な出費でお困りの方必見 電気工事費用が足りない方はコチラ

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.