焦げたコンセント

危険なので触らずに電気工事店へ工事を依頼

お家のコンセントや職場のコンセントが壊れているのを見つけた時は、絶対に触らずに【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に工事を依頼して取替えてもらいましょう。

割れたコンセントを使用したり、焦げ焼けたコンセントを放置することは大変危険です。火災の恐れもありますので早めに電気工事店へコンセント取替工事を依頼しましょう。

コンセントが割れてしまう原因

コンセント差込部分がプラスチックでできていますので、固いものをぶつけたりすると割れてしまうことがあります。跡えば掃除機でお部屋を掃除する際などに誤って掃除機をぶつけてしまい上記画像のようにコンセントが割れてコンセント本体の中の銅の部分が見えてしまったりします。

また携帯の充電器などをコンセントに差し込んで使用している場合に誤って足が充電器にぶつかってしまって横から力が加わることでコンセントが割れてしまうこともあります。

コンセントが割れてコンセント中の銅が見えている場合は感電の恐れもあり大変危険です。使わないようにして【電気の工事店】 に交換を依頼しましょう。【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

プラグを差し込んだ状態で足が当たるなど横から力がかかると割れやすいです。

コンセントが焦げてしまう原因

電化製品を使用していてある日気が付いたらコンセントが焼け焦げている場合があります。焼け焦げたコンセントを使用するのは火災などの原因になり大変危険です。焦げたコンセントを見つけた場合は早急に【電気の工事店】 に依頼をして交換してもらいましょう。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

コンセントが焦げてしまう主な原因を下記で詳しく見ていきましょう。

タコ足配線で使用している

ケーブルタップを使用してタコ足配線で電化製品を使っている場合は、知らず知らずのうちにケーブルタップの差込部分が焦げてしまっている場合がありますので定期的にコンセント差込部分が抜けかけていないか、差込部分にホコリがたまってないか定期的に安全確認をしましょう。

特にキッチン周りで使用する熱が出る電化製品(炊飯器、ホットプレート、電気ケトルなど)を長時間使用する場合に長時間使用する時には特に注意が必要となります。

ケーブルタップも様々な種類があります。ご使用用途に合ったケーブルタップを使用しましょう。

ケーブルタップが焼けて茶色くなってきていたり、焦げている場合は危険ですので直ちにケーブルタップの使用を中止しましょう。現在、タコ足配線で心配な方は電気工事店に依頼してタコ足配線になっている場所まで専用コンセント増設工事を行い分電盤より配線工事行いタコ足配線になっている場所にコンセントを増設して使用する事をおすすめします。

ケーブルタップにも許容電流があります。確認しましょう。

コンセントプラグが抜けかかった状態で使用している

コンセントにプラグがしっかり差し込まれていない状態で電気を使用しているとコンセントと差込プラ部の隙間から熱が出てコンセントが焦げてしまう場合があります。特に電気カーペット、ハロゲンヒーターなど長時間熱を出す家電製品を使用する場合は注意が必要です。

足でコードを気付かずに引掛けてしまいプラグが抜けかかっている場合もあります。定期的にコンセントに差し込んであるプラグが緩んでいないか、隙間なくしっかりプラグが差し込んであるか確認しましょう。

トラッキング現象が起こってしまった。

トラッキング現象とはコンセントとプラグに隙間ができた状態で使用している時に隙間にホコリがたまり梅雨の時期や寒い時期の結露時にホコリに湿気がたまり発火する現象をいいます。

冷蔵庫の裏などホコリのたまりやすい場所に設置してあるコンセントやタコ足配線で使用している場所、水回りで使用しているコンセントなど注意が必要です。トラッキング現象を未然に防ぐためにホコリがたまる前に定期的にコンセントまわりの掃除を行いましょう。

少しでもコンセントが焦げていたり、プラグが変色しているのを見つけた場合は使用を中止して【電気の工事店】 に相談しましょう。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

トラッキング現象を少しでもなくしましょう。

コンセント本体の経年劣化

コンセント本体も一昔前30年位前のネジ締めで電線を接続するコンセントなどは長い生活の中で徐々に振動で緩んでしまってコンセントが焦げてしまう場合もあります。上記の写真のような古いコンセントは点検または取替工事をおすすめ致します。

使い方にもよりますが10年~15年位で一度電気工事店に点検してもらうかコンセントの取替工事をおすすめ致します。

コンセント取替工事内容

コンセント取替工事内容は、既設のコンセントを外して新しいコンセントに取替工事になりますので取替工事だけでしたら15分くらいで工事完了します。

しかしコンセントが焼け焦げてしまった場合は、電線も熱で損傷している場合があります。その場合は電線部分も改修工事が必要となる場合があります。電線部分の改修が必要かどうかはコンセントを外してみないと分かりません。電線部分の改修が必要な場合は電気工事店の方が説明してくれます。

コンセント取替工事価格

ダブルコンセント取替工事は1カ所5,000円~となっているところが多いですね。そのほかに出張費がかかる場合もあります。御見積時に確認しましょう。

通常のダブルコンセント取替工事は作業車に在庫を持っている電気工事店が多いですが、その他の足元灯センサー付きコンセントなど便利コンセントは工事依頼後取り寄せになりますので注意が必要です。ダブルコンセントでない場合はコンセント本体別途となる場合が多くありますので御見積を依頼して金額を出してもらいましょう【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記

電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記は毎日更新中!!

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.