電力会社申請

電力会社申請が必要な主な場合

電灯契約で電力会社申請が必要な場合

各電力会社によって違いはありますので詳しい内容はは電力会社または【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に相談しましょう。どんな電気工事で電力会社申請が必要なのか詳しく見ていきましょう。

電気契約新設工事を行う場合

電気を使用したい場所に新たに電気契約新設工事を行う場合は【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に電気工事依頼して電力会社に申請をしてもらい幹線配線工事、分電盤設置工事などの電気工事施工後、電力会社から電気メーター設置、電柱からの引込線の工事をしてもらい工事完了となり電気が使用できるようになります。

電気メーター設置工事、電柱からの引込線工事は中部電力の持ち物になりますのでお客様の費用負担はありません。※お客様都合で電気メーター移設、引込点の変更を希望の場合は負担金が発生する場合があります。詳しくは電力会社また【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に相談しましょう。

電気契約新設工事の主な工事の流れ

➀電力会社申請 ⇒ ②電気工事施工 ⇒ ③電力会社による電気メーター設置、引込線配線工事 ⇒ ④完了検査 

主開閉器契約で契約を増設、減設、契約ブレーカー場所を変更

主開閉器契約で電気契約減設工事、電気契約増設工事を行う場合、主開閉器契約はお客様のブレーカーを契約ブレーカーとして契約します。

例えば現在お使いの分電盤の漏電ブレーカーが40Aで8kwで契約している場合に漏電ブレーカーを50Aに取替工事を行うと10kwへ電気契約を増設する事が出来ますが必ず電力会社に申請が必要となります。電気契約を減らしたい減設工事の場合も同様に分電盤改修工事と電力会社申請が必要となります。

主開閉器契約のブレーカーの位置を変更したい場合も電力会社の申請が必要となります。

主開閉器契約の増設工事、減設工事また契約ブレーカー変更工事は各現場によって最適な工事内容が変わってきますので【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に現場調査御見積を依頼して最適な工事内容を教えてもらいましょう。

主開閉器契約で電気契約を増設、減設工事の主な工事の流れ

➀電力会社申請 ⇒ ②電気工事施工 ⇒ ③完了検査 

契約種別を変更する場合

電力会社の電気契約は色々なプランがありますが、契約種別が変わる場合も電力会社の方から、電気工事店に依頼して下さいと言われる場合があります。

電力会社より「電気工事店に依頼して下さい。」と言われた場合は【電気の工事店】 に相談してみましょう。

電気メーター板改修工事

電気メーターが屋外で木板に設置してある場合は、木板が腐食して電気メーターが倒れてしまう場合があります。電気メーターは電力会社の所有物ですが、電気メーターが取り付けてある木板はお客様の持ち物なのでお客様で改修工事が必要となります。
※電気メーターが倒れているのを見つけたら電力会社または【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に迅速に相談しましょう。

電気メーター設置の木板取替工事を行う場合には電気メーターを一度取り外す必要がありますので、電力会社へ申請が必要となります。【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん へ依頼した場合<【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん が電力会社へ申請を行います。

引込ポール改修工事

お家に引込みポールが設置してあるご家庭では引込みポールが腐食して倒壊してしまう場合があります。引込みポールが倒壊してしまった場合は、新しい引込みポールを設置するか?建物壁面に電柱から直接引込み線を接続する工事を行うか?どちらかになりますが、どちらにしても電力会社へ申請が必要となります。

引込みポールが倒れていたり、倒れかけている場合は触らずに早急に【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に改修工事を依頼しましょう。

動力契約(低圧電力)で電力会社申請が必要な場合

負荷設備契約で新たに機械を導入する場合

負荷設備契約の場合は設置してあるすべての機械の負荷の合計で基本料金の計算しますので機械を増やしたり、減らした場合は電力会社へ申請が必要となります。

機械を増やした場合はもちろん電力会社へ申請が必要で、機械を減らした場合も電力会社へ申請を出さないと基本料金が減額されませんので、機械を増やしたり、減らしたりする場合は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼をして電力会社へ申請を行ってもらいましょう。

※負荷設備契約で機械を減らしたのに電力会社申請を行っていないと基本料金が減額されません。機械を減らしたり、空調設備を入れ替えた場合は電力会社へ申請を【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に依頼しましょう。

契約容量増設、減設する場合

負荷設備契約または主開閉器契約で契約容量を増設したり、減設したりする場合は、電力会社申請が必ず必要になります。負荷設備契約または主開閉器契約で増設工事を行う場合は電気設備の電気工事を行いますので【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に電力会社申請も一緒に依頼できますが、負荷設備契約で機械を減らした場合は電力会社申請を忘れがちですので注意が必要です。
※電力会社申請を出さないと減らした分の基本料金が減額されません。

高圧契約から低圧契約に切替える場合

高圧契約から低圧契約に切り替える場合は、電力会社へ高圧契約廃止の申請と低圧契約新設の申請を出す必要があります。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に現場調査を依頼して高圧契約廃止の申請を含む低圧契約新設工事の御見積を出してもらいましょう。

電力会社申請は電気工事店が行います。

電力会社への申請は電気工事店がお客様を代理して申請致します。電力会社申請費用は多くの場合御見積内容に記載してあります。電力会社申請でのご相談は【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 にお問い合わせ下さい。

電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記

電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記は毎日更新中!!

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.