空き家の古民家を購入したので電気を引きたい。

空き家に電気を引く

古民家で電気を契約したい

古民家を購入してDIYでリフォームして自分の好きなお部屋に改装したい。古民家リフォームして賃貸に出したい。など古民家を購入してリフォーム工事を行う場合も電気をまず使えるようにしない事には工事に使用する道具も使えませんので工事ができません。ここでは古民家に電気を引く工事内容をご説明していきます。

まずは電力会社へ連絡してみましょう。

古民家に電気を引きたい場合はまず、地元の電力会社へ連絡してすぐに電気を使用できるか聞いてみましょう。購入した古民家に電気メーター、電柱からの引込線が有り、宅内の分電盤の状況によっては電気工事を行わなくても電気を契約してもらえる場合があります。

電力会社より「電気工事店に工事を依頼して下さい。」っと言われた場合には電気工事店に電気工事を依頼する必要がありますので【電気の工事店】 に現場調査、御見積を依頼しましょう。

まずは電力会社へ電気を使用したいと連絡してみましょう。

電力会社から電気工事店に依頼して下さいと言われた場合

電力会社より「電気工事店に依頼して下さい」っと言われる主な理由を見ていきましょう。

漏電ブレーカーがない分電盤の場合

前にお住まいの方が電気を使用していて電気メーターと電柱からの引込線が残っている場合でも分電盤の状況によっては電気を引くために改修工事を電気工事店に依頼する必要があります。

古民家に現在設置してある分電盤に漏電ブレーカーが付いていな場合や漏電ブレーカーが設置してあっても現在の規格に合わない古いタイプの場合は、電気を引いてもらえない場合があります。

分電盤を取替えるか、漏電ブレーカーのみ設置するかは【電気の工事店】 に相談して電力会社申請、電気工事を依頼しましょう。

電気メーター、引込線が取り外してある場合

前に住んでいた方が電気契約を解除してから長く時間がたっている場合、電気メーターや電柱からの引込線は電力会社の所有物になりますので電力会社が撤去していく場合があります。

電気メーターや電柱からの引込線がない場合は、【電気の工事店】 に依頼して宅内の分電盤などの電気設備を現場調査後 無料御見積を依頼して、電力会社申請と電気設備改修工事をお願いする事で電気を引き込むことができます。

電力会社から電気工事店に依頼して下さいと言われたら電気工事店に電力会社申請をしてもらう必要があります。

古民家に電気を引く工事内容

電力会社申請

電力会社への申請は電気工事店の【電気の工事店】 がお客様から依頼を受けて行います。希望の契約アンペア数、電気設備を【電気の工事店】 と相談して電気工事店が電気図面を作成して電力会社へ申請を行います。

幹線配線工事

幹線配線工事は、既設の幹線を使用出来る場合は既設の幹線を使用して使用した方が工事代金はお安くなります。既設の幹線では契約したい電気容量に対応していない場合は、幹線張替工事を行う必要があります。

契約したい電気容量に最適なケーブルを【電気の工事店】 に相談しましょう。

分電盤取替工事

分電盤取替工事も幹線と同様に現在の規格の漏電ブレーカーが設置してある分電盤で使用できる場合はそのまま使用した方が工事代金はお安くなります。漏電ブレーカーが設置してない分電盤や契約したい電気容量に対応していない分電盤の場合は取替工事が必要になります。

分電盤の種類はいろいろありますので【電気の工事店】 にカタログを用意してもらいご家庭に最適な分電盤を取付けてもらいましょう。

引込工事

お家の電気設備の工事が完了したら電力会社より電柱から引込線を配線してもらい電気が使用できるようになります。【電気の工事店】 が点灯試験を行いその後、電気を使用出来ます。

完了検査

後日、電力会社より完了検査を受けて工事完了となります。電力会社申請から完了検査まで【電気の工事店】 が対応しますので、お客様から電力会社とのやりとりは特にありません。

空き家のお家に電気契約新設工事価格

空き家のお家に電気を引き込む工事はおよそ30,000円~になります。

既設の電気設備が使用できるのか、新たに電気設備の改修工事が必要なのかによって金額が大きく変わってきます。【電気の工事店】 に無料現場調査、無料御見積を依頼して詳細な金額を出してもらいましょう。

急な出費でお困りの方必見 電気工事費用が足りない方はコチラ

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.