低圧動力設備でよくあるとらぶる

低圧動力設備でよくある電気トラブル

感電危険

低圧動力設備で起きる電気トラブルは感電事故が起きる可能性があります。動力設備に限らず分電盤ないやブレーカで異常を発見したら【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に早急に改修工事をお願いしましょう。

接続部分が焦げて焼き切れてしまっている場合

動力分電盤を長い間改修せずに古いブレーカを使用している場合に、現在のブレーカは圧着端子を使用してブレーカとケーブル線を接続して使用しますが、昔の古いブレーカにはケーブル線をそのままネジでブレーカに接続するタイプがあります。

古いブレーカを長い間取替工事をせずに使用しているとネジが振動などで少しづつ緩んで、緩んだ場所から熱で電線が焼き切れてしまう場合があります。ケーブルが切れかかったり、切れている場合は大変危険です。分電盤のブレーカの接続部分が焦げていたりまた少しでもおかしいなと感じたら早急に【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に改修工事を依頼しましょう。

接続部分改修工事内容

分電盤のブレーカ接続部分が焦げていたり、焼けてしまったケーブルを改修する工事内容は、ブレーカー接続部分が焦げてしまっている場合はブレーカー取替工事が必要となります。焼けてしまったケーブルを改修する場合は、ケーブルが再度使用できる状態なのか確認をしてケーブルが使用できる状態の場合は新たに圧着端子をケーブルに取付けてブレーカーに接続します。

接続部分改修工事金額はおおよそ18,000円になります。

新しくブレーカを取替える場合やケーブル線を張り替える場合は別途工事代金がかかる場合があります。詳細な工事金額を【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に依頼しましょう。

ヒューズが切れてしまっている場合

CKS

手元開閉器などにカバーナイフ付スイッチでヒューズが使用されておりヒューズが切れて電気が使用できなくなっている場合は、新たのヒューズを取替えるよりもノーヒューズブレーカーに取替える方をお勧め致します。ノーヒューズブレーカーですとブレーカーが作動しても再度レバーを上げると使用できます。ノーヒューズブレーカーに取替える事でヒューズを取替える手間が省けます。

ノーヒューズブレーカーに取替えずにカバーナイフ付スイッチなどの既設ヒューズを取替える場合は、【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に工事を依頼しましょう。ご自身での作業は大変危険です。

ヒューズ取替工事内容価格

ヒューズ取替工事はおよそ8,000円(ヒューズ代金別途)からとなっています。

ヒューズ取替工事中は分電盤で電気を止めての作業になりますので一時電気が使用できなくなる場合があります。工事前に電気工事店に確認しましょう。

ノーヒューズブレーカーに取替工事はおよそ8,000円(ブレーカー代金別途)からとなります。

ブレーカの容量や工事内容によって工事代金が変わってきますので工事前に【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に現場調査御見積を依頼しましょう。

ブレーカーが飛んで停電してしまう。

ブレーカーが飛んでしまう

どこのブレーカーが飛んでしまうか確認

分電盤や配電盤の漏電ブレーカーが落ちてしまうのか?サーキットブレーカが落ちてしまうのか?どのブレーカが落ちてしまうのかによって対処改修方法が変わってきます。まずはどのブレーカーが落ちてしまうのか確認しましょう。

ブレーカが落ちてしまう主な原因

漏電ブレーカが落ちてしまう場合

漏電ブレーカが落ちてしまう主な原因は主に2つあります。

1つ目は漏電ブレーカ2次側より配線接続してある機械などが漏電している場合は、漏電ブレーカが漏電を感知して遮断します。漏電でブレーカが落ちてしまう場合は、漏電中は漏電が治るまで漏電ブレーカのレバーが上がりませんので【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼して改修工事をしてもらう必要があります。

2つ目は過負荷でもブレーカが遮断されます。例えば30A漏電ブレーカーで8Kwの機械を使用していた場合に、機械の入替に伴い15kwの機械を既設30Aブレーカーで動かそうとすると30Aブレーカーでは15kwの機械に対応できませんので過負荷でブレーカーが落ちてしまいます。

工場などで機械を入れ替える場合は電気工事店に依頼して機械電源接続工事を行いましょう。機械電源配線と同時に安全の為に必ずアース線接続も行いましょう。

漏電ブレーカが作動している場合は、早急に【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に改修工事を依頼しましょう。

サーキットブレーカがとんでしまう場合

配線用遮断器が落ちる主な原因も2つあります。

1つ目は漏電ブレーカーと同じで過負荷でもブレーカーが遮断されます。ブレーカ容量より大きい電気を使用してしまった場合ですね。

2つ目はブレーカの2次側で短絡(ショート)して過電流が流れた場合も遮断されます。電線やケーブル線を誤って機械で挟んでしまったり、フォークリフトなど重いもので電線を轢いてしまうと過電流が流れてブレーカーが落ちます。

電線やケーブル線がショートして過電流が流れてブレーカが落ちてしまった場合は、そのまま使用を続けるのは大変危険ですので【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に依頼して安全に使用できるか見てもらいましょう。

漏電ブレーカとサーキットブレーカの見分け方

ブレーカー

上記の写真の一番左が漏電ブレーカ、真ん中がサーキットブレーカ、右側がケースブレーカーになります。

漏電ブレーカとサーキットブレーカは形が似ていますが、サーキットブレーカにはトリップボタンしかありませんが漏電ブレーカにはトリップボタン+テストボタンが付いています。

機械の近くに設置してあるケースブレーカーは中を見て漏電ブレーカなのかサーキットブレーカなのか確かめる必要があります。わからない場合は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に現場調査をして確認してもらう方が良いでしょう。

ケースブレーカの中を確認するのは電気が流れていると危険ですので電気工事店に依頼しましょう。

サーキットブレーカ、漏電ブレーカ改修工事内容

サーキットブレーカ、漏電ブレーカ取替工事はおよそ12,000円(ブレーカ本体別途)からとなっています。

容量の大きいブレーカや漏電ブレーカは商品が高額となります。【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に現場調査を依頼して詳細な工事価格を出してもらいましょう。

急な出費でお困りの方必見 電気工事費用が足りない方はコチラ

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.