電気工事店創業時の資金繰り対策方法

資金繰り対策

創業時の資金繰り対策

事業を始めるにあたって必ず必要になるのが現金です。電気工事店を開業した時も同様に創業当初に金融機関から融資してもらえれば資金的にもかなり楽になりますが、多くの方が自己資金で事業を始めたり、金融機関から融資を受けられずギリギリの状態で事業を開始しています。

どんなに売上を上げても通帳に現金がなくなり支払が出来なければ倒産します。売上は請求書を出したら売上金になりますが、工事代金が入金されるのは末締めの翌月末払いなどですと工事代金が入金される前に経費の支払いが先にきます。

そこで材料代などの経費が払えなければ倒産となってしまします。入金は早く支払は遅く!!創業当時は資金繰りに頭を使って乗り切りましょう。電気工事店創業時の資金繰り対策を見ていきましょう。

金融機関にできるだけ多く融資を依頼しましょう。

銀行

電気工事店を開業して独立しようと思った時に自己資金を貯める事も非常に大事な事ですが、電気工事店を開業するには多くの費用がかかります。【電気工事業開業資金いくらかかる 開業資金調達方法】

電気工事業の開業を検討ている間に創業計画書を作成して自己資金のほかに金融機関(日本政策金融公庫、信用金庫など)で融資が受けられないか相談してみましょう。金融機関で融資を受けられるのと受けられないのでは大きく創業当初の資金繰りが変わってきます。

会社経営は現金が無くなれば倒産です。現金があれば借入金は増えても倒産しません。

自己資金+金融機関融資の万全な状態で創業しましょう。【電気工事業開業資金いくらかかる 開業資金調達方法】ページで資金調達方法を確認しましょう。

創業時はできるだけ支払が速い工事の受注方法を考えよう

入金

創業時に自己資金に余裕がなく金融機関から融資も受けられなかった場合は、毎月支払う経費で現金が減っていく通帳を見るたびに頭を悩ませる事となります。創業当時は経費の支払いに少しでも現金を回せるように工事完了後、工事代金の入金が速い工事また材料費がかからない工事を狙って営業をしていきましょう。

個人のお客様は工事代金の支払いが速い。個人のお客様は工事後すぐ現金で支払ってくれる場合や銀行振込でも1週間ほどで入金されます。

法人の場合は、工事完了後請求書を出してから末締めの翌月末払いや翌々月払いなど取引した会社の支払日に入金となります。

個人のお客様にターゲットを絞る

資金繰りに余裕がない状態で開業しなければならなくなった場合は、個人のお客様に工事受注のターゲットを絞る事で個人のお客様は工事後工事代金をその場で支払ってくれることも多いので大変助かります。資金の余裕をみて法人の工事受注を少しづつ検討していきましょう。

個人のお客様向けに広告宣伝を行う

どうやって個人のお客様から依頼を受けられるか考えてみましょう。個人のお客様の場合はご自宅の電気工事を依頼される場合が多いと思われます。個人のお客様が電気工事を依頼される場合は、スマホまたはパソコンで検索して近くの電気工事店を探します。

お客様が電気工事店を検索時に会社のホームページが見てもらえるようにYahooプロモーション広告やGoogle広告を設定してお客様から電気工事依頼の問い合わせが来るように広告で宣伝しましょう。

Yahooプロモーション広告では広告を掲載する地域また料金を自分で設置できますので予算に合わせた広告宣伝行うことができます。

詳しくは【電気工事店開業後の主な営業方法】ページをご覧ください。

法人は工事後入金までが2.3ヶ月後になる場合が多いです。

開業当初に資金繰りが厳しい中で法人工事を多く受注できた場合、受注できたのは大変うれしい限りですが法人工事は工事完了後、請求書を出してから入金までに2.3カ月かかる場合があります。工事完了してから入金までの間に使用した材料代金の支払い、その他経費の支払いが先にやってきます。

開業当初は資金繰りを考えながら法人工事の受注ができれば良いのですが、急な工事の依頼が入ったりと思った通りには行きません。法人工事は追加工事の依頼を頂けたり、工事代金が高額になり利益が出やすいなど良いこともたくさんあります。資金に余裕があればどんどん法人工事を増やしていきたいです。

法人工事が増えすぎてしまい法人の売掛金が増えて手持ち現金が心配な方は売掛金を即現金に換える事が出来れば資金繰りが助かります。売掛金を即現金に換える方法がありますので詳しく下記で見ていきましょう。

売掛金は増えて売り上げは上がるけど現金がない場合の資金繰り

売掛金が増えていって手持ちの資金が不安になった場合に金融機関に融資を依頼すると時間がかかり支払に間に合わないし、ビジネスローンは金利が高いとお考えの方はファクタリングがおすすめです。

請求書(売掛金)を即日高額買取してもらえます。連帯保証人、担保不要。オンラインで完結可能で買取手数料は1%~、個人事業主様でも柔軟に対応してもらえます。始めて利用される方は初回買取手数料50%割引

経費(材料費など)の支払いを出来るだけ遅らせる

支払

出来るだけ現金を手元に残しておく方法として支払時期を遅らせる方法も有効です。支払期日は約束ですので支払う業者に相談して決めましょう。

電材商社に支払時期の交渉をする

電気工事の材料を電材商社で購入している場合は買掛で購入していると思います。例えば現在20日締めの翌月10日払いで支払っている場合は、翌月末払いまたは翌々月末払いに変更する事ができないか担当者に相談してみましょう。

ガソリンもカードを利用して支払いを翌月以降にする

工事作業車にガソリンや軽油をガソリンスタンドで給油する場合にも現金で払わずにビジネスカードを利用する事で支払いを先に延ばすことが出来て大変便利です。カードで給油する事でカード明細で請求書が送られてきますので会計作業も楽になります。創業時は特に会計作業に苦労します。カード支払で少しでも会計作業を楽にするのもポイントです。

クレジットカードで材料を購入する

工事当日に急に少し材料が足りなくて材料屋さんに頼むよりホームセンターで購入した方が早いなんて事も多々あると思います。ホームセンターで材料を購入する際もカードで購入する事で支払いを遅らせる事ができ、現金で払うと領収書をもらって会計帳簿に付けてと会計作業が出てきます。カードで支払えば明細は後で来ますので会計作業も楽で支払も遅らせる事ができ一石二鳥です。

まだお持ちでない方はコチラ

事業用カードは必ず作った方が良いです。支払が遅らせれる。会計作業が短縮。ポイントが貯まってお得。

売掛ばかりが増えて入金がまだ先で資金(現金)が心配な場合

請求書

売掛金を現金化する

売掛金が増えて経費の支払いに現金が心配な方は、上記でも説明致しましたが請求書(売掛金)を即現金にしてくれる業者もありますので検討してみてましょう。個人事業主にも迅速に対応してくれますので興味がある方はお話を聞いてみましょう。

一時的にビジネスローンを利用する

上記の売掛金を現金にするのは取引先の手前ちょっと考えてしまうけど、資金が厳しくなって入金日まで不安な方は工事代の入金日が分かっていればそれまで一時的にビジネスローンを利用するのも一つの方法です。

ビジネスローンのメリットは最短即日で融資してくれるところが最大のメリットですが、急に依頼して借りられない場合は大変です。融資を依頼する場合は余裕をもって依頼しましょう。

現金が増えれば法人様でも安心して対応できます。

創業当初の資金繰りを乗り切り現金にある程度目途が付いてきたら法人工事もどんどん入れて売上を大きくしていく事も考えていけますが、いつ何が起きるか分からないので現金は必ず一定金額用意していきましょう。

また銀行などの金融機関から融資を受けて開業できれば資金繰りにあまり苦労をせずに電気工事に集中して売上を伸ばしていけます。創業時にはまず、自己資金+金融機関など融資で創業できるようする事が大切です。

急な出費でお困りの方必見 電気工事費用が足りない方はコチラ

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.