単相2線式から単相3線式へ改修工事内容 工事価格

単3改修工事

単相2線式と単相3線式の違いは

ご家庭などで電力会社と電気契約している電灯契約では、単相2線式100V契約と単相3線式100/200V契約があります。多くのご家庭の電気設備は単相3線式100V/200Vになっていますが古民家などですとまだ、単相2線式100Vで契約している電気設備の建物もあります。

単相2線式100Vと単相3線式100V/200Vの何が違うのか見ていきましょう。単相2線式100Vの場合は最大契約アンペア数が30Aまでとなっています。また単相2線式100Vの場合は単相200Vは使用できません。単相2線式100V設備のご家庭で単相200Vのエアコンを使用したい場合はや電気契約を40A以上に増設したい場合は単相3線式改修工事が必ず必要となります。

詳しく下記で確認していきましょう。

単相2線式100Vとは

単相2線式

単相2線式100V設備とは建物の引込み点から電気メーター、電気メーターから分電盤まで2本の電線で配線してあります。主にIVまたはVVF2.6×2芯で配線してある事が良くあります。電気メーターも単相3線式の電気メーターと比べると一回り小さくなります。ご家庭で上記画像の大きさの電気メーターボックスまたは分電盤が設置してある場合は単相2線式100Vの電気設備になります。詳しく画像で見ていきましょう。

単相2線式

上記でも記載しましたが単相2線式100V設備は30A最大契約アンペアになります。40A以上の電気契約また単相200Vコンセントなどを使用したい場合は単相3線式改修工事が必ず必要となります。

※現在、単相2線式100Vの電気設備で使用している分には特に問題はないのですが単相2線式の分電盤は長年使用している場合も多く、漏電ブレーカーが設置していない分電盤も多くあります。漏電ブレーカーが設置されていない場合は漏電火災などを未然に防ぐための漏電ブレーカー設置を【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼しましょう。

※木の箱の中にブレーカーが設置してある分電盤は漏電ブレーカーが設置してあるかどうか確認しましょう。漏電ブレーカーが設置してあるかわからない場合は、【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に見てもらいましょう。

漏電災害から建物を守る為に漏電ブレーカーを取り付けましょう。

単相3線式100V/200Vとは

単相3線式

単相3線式100V/200Vは現在多くの建物で利用されている電気設備になります。住宅を建てる場合などはほとんど単相3線式100V/200Vで配線します。単相2線式設備ですと最大30Aまでしか契約できません。例えば新築住宅でオール電化住宅ですと10kw(100A)契約で契約される方が多いので単相2線式設備は30Aまでしか契約できませんので多くのご家庭は単相3線式設備になります。画像で詳しく見ていきましょう。

単相3線設備

単相3線式100V/200Vは建物の引込み点から電気メーター、電気メーターから分電盤まで3本の幹線で配線をします。幹線の太さや種類は契約するアンペア数によって変わってきます。通常10Kw(100A)契約の場合は幹線をCVT8sqやCVT14sqで配線しますが10Kw(100A)より契約を大きくする場合は契約するアンペア数に合わせて幹線を選んでいきます。

単相3線式100V/200V設備は40A以上の電気契約が可能で、単相200Vのコンセントなどが使用できます。IHクッキングヒーターやエコキュートも単相200V電源になります。

※単相3線式100V/200V設備の建物でも古い分電盤には漏電ブレーカーが設置されていない場合があります。漏電ブレーカーが設置されていない場合は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼して漏電ブレーカーを取付けてもらいましょう。

多くの建物は単相3線式設備になっていますね。漏電ブレーカーのチェックを忘れないで!!

電力会社から電気工事店に依頼して下さいと言われた

電力会社より「電気工事店に依頼して下さい。」と言われる場合は大きく分けて3つあります。

1つ目は、現在の電気設備が単相2線式100V30A契約の場合は、電力会社へ40Aに電気契約を増設したいと依頼しても単相2線式100V設備は最大契約アンペア数が30Aまでなので40Aに契約を上げるには単相3線式改修工事が必要になります。【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり に依頼して電力会社申請後、電気工事を行ってもらう必要があります。

2つ目は漏電ブレーカーが設置していない場合、または漏電ブレーカーが古くて現在の規格に合ってない場合は単相3線式設備でも電気工事店に依頼して漏電ブレーカーを設置または取替工事をお願いして下さいと言われる場合があります。【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼して漏電ブレーカーを設置してもらいましょう。

3つ目は契約種別が変わる場合に電気工事店から申請してもらわなければいけない場合があります。60Aから100Aへ増設工事など契約種別が変わる場合は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に電力会社へ申請または工事を依頼する必要があります。

ご家庭が単相2線式100V設備なのか確認しましょう。

電気契約を40Aへ増設したいと電力会社へ連絡して、電力会社より「40Aへ増設する場合は電気工事店に依頼して下さい。」と言われた場合は現在の電気設備が単相2線式100V設備か単相3線式100/200V設備なのか確認しましょう。

単相2線式設備かどうか確認する方法は大きく2つあります。分電盤のサービスブレーカーで確認する方法と電気メーターで確認する方法になります。

1つ目のサービスブレーカーで確認する方法は上記画像のような単相2線式電力会社の細長いサービスブレーカー設置してある場合は単相2線式100V設備になります。

単相2線式電気メーター

2つ目は電気メーターが上記画像のように単相3線式設備より小さくなります。上記画像のように小さい電気メーターの場合は単相2線式100V設備になります。

建物の電気設備が単相2線式設備か単相3線式設備なの分からない場合は【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に相談しましょう。

単相3線式100V/200Vへ改修工事内容 工事の流れ

単相3線式100V/200V設備へ改修工事の工事内容を確認しておきましょう。電力会社申請がありますので工事完了までに時間がかかる場合があります。余裕を持って電気工事店へ依頼をしましょう。

電力会社へ申請

ご依頼のお客様と最大契約アンペア数(工事後契約可能な最大のアンペア数)の打ち合わせをして配線する幹線ケーブル種類や太さ、設置する分電盤を図面にして電気工事店が電力会社へ申請します。電力会社より承諾が下りましたら工事を行っていきます。(電力会社より承諾が下りるのにお時間がかかる場合があります。)

幹線張替工事

申請図面に記載した幹線ケーブルを建物の引込み点から電気メーター、電気メーターから分電盤まで配線工事を行います。幹線配管配線工事は露出配管配線工事になる場合が多くありますので配線経路を電気工事店からあらかじめ説明してもらいましょう。

分電盤取替工事

単相3線式改修工事では分電盤も新しい単相3線式分電盤に取替になります。分電盤取替工事中は宅内停電となりますので注意が必要です。

引込線張替工事

電力会社が電柱から建物の架空配線を既設の2芯の架空線から3芯の架空線に張替工事と電気メーター取替工事を行います。

電力会社の工事が終わったら分電盤で電圧チェック、漏電ブレーカー動作確認、絶縁測定を行い電力会社へ工事完了届を提出します。

電力会社による完了検査

後日、電力会社の検査が完了すれば工事完了となります。

各電力会社ごとに若干異なります。詳しくは【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 に聞いてみましょう。

単相3線式100V/200V設備変更改修工事価格

単相3線式100V/200V改修工事の工事価格は約80,000円~となっています。

幹線ケーブルのサイズや配線距離、分電盤の種類によって工事代金は大きく変わってきます。単相3線式改修工事は電気工事店に工事施工後の最大契約アンペア数、配線経路など打ち合わせをして工事代金の御見積を必ず出してもらいましょう。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

急な出費でお困りの方必見 電気工事費用が足りない方はコチラ

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.