漏電調査 漏電改修工事 ご家庭で漏電した時の対処方法


漏電調査 漏電改修工事

漏電するとどうなる?

ご家庭内で漏電が起きると分電盤の漏電ブレーカーが作動してご家庭内が停電となります。停電になった時に漏電ブレーカーのレバーが落ちてしまっていると思います。その状態で漏電ブレーカーをあげようと思っても漏電してる状態では漏電ブレーカーが上がりませんので早急の対応が必要となります。

どうしていいかわからない場合は電力会社にご連絡をするか、【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼をして漏電箇所を探して改修工事をしてもらう必要があります。

上記の画像のように古民家のご家庭ですと漏電ブレーカーが設置していない場合の分電盤があります。
漏電ブレーカーがついていないと漏電した時に遮断されるブレーカーがありませんので大変危険な状態となります。ご家庭の分電盤に漏電ブレーカーがついていない場合は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼をして漏電ブレーカーを設置するか分電盤を新しいものに取り替える工事を強くお勧めいたします。分電盤取替工事こちらから

お見積り無料最短30分で出張見積もりいたします。直らなければ修理費0円

漏電する原因は?

漏電する主な原因は照明器具やコンセントなどの経年劣化によって絶縁体が劣化をして漏電が起こったり、電化製品などが古くなったり故障してしまった場合に電化製品の電源をオンにすると電化製品が漏電している場合は漏電ブレーカーが働いてしまう。など

漏電する理由は様々な原因がありますが、大きくは経年劣化による照明器具の不具合であったり雨が当たる場所に設置してある、防水型コンセントで使用している機器(よく雨に濡れる場所)が故障だったりする場合が多くあります。

電化製品が漏電した場合にアース線がしっかり繋いでいないと感電する恐れもありますので家電製品をつける場合はアース線をしっかり取り付けましょう。まれに絶縁抵抗が良い状態であっても漏電ブレーカーが落ちてしまう場合は漏電ブレーカーの故障を考える必要があります。

漏電箇所を探すにあたって絶縁抵抗計を電気工事店は使用しますが、一般のご家庭には置いてないと思いますので漏電調査、漏電改修工事は【電気の工事屋さん】即日対応の電気屋さん に依頼しましょう。

停電を仮に復旧できない?

ご家庭が漏電した場合に分電盤の漏電ブレーカーが下りてしまい電気を利用できないと生活に非常に困ってしまいます。
漏電した時すぐに電力会社や電気工事店が来てくれればいいのですがなかなかそういうわけにもいかない場合も多くあります。
まずご自分で漏電回路を簡易的に探す方法を確認しましょう。

1.はじめに分電盤のすべてのブレーカー(漏電ブレーカー、配線用遮断器)を切りにします。

2.次に漏電ブレーカーを入りにします。(電力会社のサービスブレーカーが設置してある分電盤の場合はサービスブレーカーも入りにします。)

3.配線用遮断器が切になった状態であれば漏電ブレーカーは入りになります。(ここで漏電ブレーカーが入りにならない場合は漏電ブレーカーの故障も疑いましょう)漏電ブレーカが入りになったら配線用遮断器を1番から順に入りにしていきましょう。

4.仮に4番の配線用遮断器が漏電している場合は1番から順にあげて行った場合、4番を上げた同時に漏電ブレーカー(漏電遮断機)が作動して切となります。
今回の漏電は4番の配線用遮断器の回路が漏電していると状態になりますので4番だけを切りにして後の配線用遮断器を上げて電気を使用することができます。

後日電気工事店に依頼をして4番の回路が漏電しているということを伝え漏電している箇所を探してもらいましょう。

停電しやすい場所はどこ?

ご家庭で停電しやすい場所は、一番多くは水回りとなります。洗面所お風呂またはキッチンなど普段から水をよく使われる場所で漏電が多く発生します。
お庭に設置してある庭園灯、住宅の入口に設置してある門灯などが経年劣化によって水が入ったりし漏電することが数多くあります。

浄化槽を使用しているご自宅などでは浄化槽に空気を送るブロア、水中ポンプなどが故障して漏電ブレーカーが作動してしまうこともあります。
ご家庭内で漏電ブレーカーが作動した場合にはまず水回りの機械や照明器具を見直してみましょう。

停電している回路が分かったら直せる?

上記の記載している方法で停電している回路が判明した場合にご家庭でできる範囲の漏電改修方法となりますと、現在、1か所配線用遮断器の回路が切りの状態になっていると思います。
配線用遮断器が切になっている回路の電気は使用できないという状態になってますのでご家庭の中で電気が使えない場所があると思われます。

電気が使えない場所のコンセントについている電気機器を全て外し切なっている配線用遮断器を上げて漏電ブレーカーが作動しなければ取り外した電気機器の中に故障して漏電している商品があるということになります。
仮に照明器具が壊れていたり、コンセントが壊れていたりした場合にはコンセントを取り外したり照明器具を取り外す工事が必要となります。
※電気工事士の免許が必要となります。

分からない場合は無理せずに電気工事店に依頼することをお勧めいたします。

お見積り無料!! 最短30分で出張見積もりいたします。
直らなければ修理費0円↓

工事店はどうやって漏電場所を特定するの?

電気工事店は漏電調査をするにあたって絶縁抵抗計使用して分電盤で漏電回路の数値を測りながら少しずつ漏電箇所を測定していきます。
0.1メガオーム以下だと漏電しているの数値となりますので照明器具を外したりコンセントを外したり屋外の庭園灯の配線を切り離しながら絶縁抵抗が良くなるまで見つけて行きます。

漏電調査、漏電改修工事は現地を調査するまで工事代金がわからない場合もあります。簡単な場合ですとすぐに原因がわかる場合もありますしなかなかわからずに1日かかってしまう場合もあります。
その点も踏まえながらしっかり工事業者といつどんな時に漏電が起きたのか色々聞かれると思いますコミュニケーションを取りましょう。

漏電調査後の改修工事は?

漏電調査で原因が判明した場合に、例えば防水コンセントに差し込んであるブロアが故障して漏電している場合はコンセントを抜いて絶縁が良くなりブレーカーを上げて漏電調査完了となります。

この場合は電気工事店としては漏電調査改修工事は特にありません。浄化槽のブロワを取り扱っている水道工事店などにブロアーの取り替えをお客さまで依頼することとなります。

照明器具が壊れている場合は漏電調査後、照明器具の取替工事を別途電気工事店にお見積もりしていただき後日取り替え工事をしていただくという流れになります。

漏電調査 工事価格は?

漏電調査は1万8000円~となっている業者が多いようです。
漏電調査は各ご家庭によって漏電箇所が異なり漏電箇所を見つける時間が各現場によって異なります。

電気工事店にあらかじめどのくらい工事代金がかかるのかしっかりと説明していただくことが大事となります。

漏電個所を改修工事する場合は、漏電調査費用+改修工事費がかかる場合があります。

改修工事費用は漏電調査後しっかりお見積りを出していただき検討しましょう。

工事後、思ったよりも高額請求だったなどないようにあらかじめ工事代金の確認をしましょう。

お見積り無料!! 最短30分で出張見積もりいたします。
直らなければ修理費0円↓


電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記 毎日更新

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.