• 配線ダクト(ライティングダクト)工事

お部屋の照明をお考えになる時、照明器具は様々な種類がありますが、
今回は、配線ダクト(ライティングダクト)の照明のご紹介です。

住宅を建てられる場合に配線ダクトを選択する場合は、
さほど問題はありませが、配線ダクトを増設したい場合は
建物の構造、現状の設備によって工事内容が変わってきます。
順番に見ていきましょう。


①既設の照明器具を配線ダクトに取り替える場合

・配線ダクト(ライティングダクト)取付工事
・既設の照明器具取り外し工事

主に上記の2つの工事が必要となります。

電気配線やスイッチは既設の設備を使用します。
調光機能付きの照明を取付ける場合は、スイッチの取替えが必要です。

②配線ダクトを新たに設置する場合

・配線ダクト(ライティングダクト)取付工事
・照明配線工事(スイッチ配線も含む)

主に上記の2つの工事が必要となります。

配線ダクトを設置する場合の注意点


既設の照明配線
を利用して、配線ダクト(ライティングダクト)場合は
配線工事が必要ないので比較的簡単に取付でできると思います。

既設の照明配線を利用して配線ダクトを設置する場合も
電気工事店にまずは相談しましょう。

新たに配線ダクトを新設する場合は、建物の構造などによって
配線が露出配線などになる場合がありますので、
電気工事店に相談しましょう。


調光機能が付いた照明をお考えの場合は、スイッチや照明器具の
種類が変わってきます。
配線ダクトは取付ヶ所、長さなどによって工事代金が変わります。



配線ダクト(ライティングダクト)工事の概算料金(管理人調べ)

配線ダクト(ライティングダクト)工事は

現場でお見積もりとなっていますね。

⑤まずはお見積もり

住宅などの電気工事は、各住宅によって電気設備や建物の構造が違いますので
まずは、しっかりとお見積もりを取ることが大事です。

【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.