住宅スイッチ取替工事 スイッチ種類 

スイッチ取替工事

住宅スイッチ工事 スイッチ種類

ご家庭ので使われているスイッチ

ご家庭で使われているスイッチには様々な種類があります。リビングで照明をつける時に使われるスイッチはトイレのスイッチ、換気扇のスイッチ廊下のスイッチなど様々な種類のスイッチが使われいます。
よく使われるスイッチにどんな種類のものがあるのかまた取り替えた場合の工事金額はいくらぐらいなのかを詳しく見ていきましょう。

片切スイッチ(スイッチB)

片切スイッチ
片切スイッチは主にリビングや各部屋に使われるスイッチになります。特徴としましては良い切りに使うだけですので照明1台に対しスイッチ一つが基本となります。ダウンライトなど設置の場合または、配線方法によってはスイッチ1つで何台もの照明の電気を付けることができます。
ご自宅のスイッチで一番多く利用されているスイッチが片切スイッチになりますスイッチ本体側面にBと記載してあります。上記の配線図のように片側の線を入切するスイッチになります。写真はパナソニックのコスモシリーズ、フルカラーシリーズになります。
カバープレートは様々な種類の中から使用用途に合わせたプレートを選択できます。

3路スイッチ

3路スイッチ

3路スイッチがご家庭でよく使われている場所は階段や廊下になります。
階段などを使用する時に登る前1階で階段の電気をつけて2階に登った後階段のスイッチを消すそんな場合は3路スイッチを設置します。
廊下の場合も玄関に入ったら廊下の照明を3路スイッチで点灯させて、リビングに入る前に廊下の電気を消すのは3路スイッチになります。

照明をスイッチ2ヶ所で消したりつけたりできるスイッチになります。(2ヶ所以上で電気を入切させたい場合は、4路スイッチで対応できます。)
片切スイッチと似ていますが3路スイッチはスイッチ本体側面にCと記載してあります。

ほたるスイッチ

ホタルスイッチはスイッチがオフの時に緑色のランプが点灯します。スイッチオフにするとスイッチに小さな緑色のランプが点灯灯りの消えた真っ暗な部屋でもスイッチの位置がすぐわかります。

照明がオフの時に暗闇でも光ってスイッチの位置を知らせてくれるホタルスイッチはトイレ、洗面所、階段の照明、寝室の枕元や入り口、玄関先の照明などにおすすめです。
夜帰宅した時の玄関で照明をつけたい時にほたるスイッチが取付てあれば緑色が光っているのでスイッチの位置がすぐに分かります。

パイロットスイッチ

点灯を赤色と緑色のランプでお知らせ暗闇でも位置がわかる安心スイッチ。
朝外に出ると門柱灯が点けっぱなしだったなんて経験はありませんか?門柱灯のスイッチにパイロット.ホタルを使えば、屋内にいながら灯りが点灯してるかどうかを確認できるし忘れが防げます。

屋外灯のセンサーが設置してある照明器具に使えばセンサーで照明が消えているのかスイッチで電源をオフにしているのかがパイロットほたるスイッチなら一目で分かります。屋外照明スイッチなどにおすすめです。

調光スイッチ

調光スイッチ
LEDダウンライトなどで明るさの調節をしたい場合は適用器具であれば調光スイッチを設けることでお家の中の明るさを調整することができます。

調光スイッチが利用可能な照明器具が設置しているかどうかまたその器具に合う調光スイッチはどれなのかわからない場合は電気工事店に相談してみましょう。
【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

スイッチ取替工事価格

スイッチ取替工事価格は5000円からとなっている場合が多いようです。
(スイッチ本体は別途)

スイッチ取替工事の場合は取り替え工事代金+基本料や出張費がかかってくる場合がありますので基本料や出張費の有無また金額を電気工事店に確認しましょう。
電気工事店によってはスイッチ1か所取替えだけですと上記の金額で割高に感じてしまうかもしれませんが複数箇所依頼することで工事代金が割安になる場合もあります。電気工事店に相談してみましょう。
スイッチ工事の御依頼、ご相談はコチラ→【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

その他の便利なスイッチ

紹介したスイッチの他にもご家庭で使われている便利なスイッチがたくさんあります。
こんなスイッチがあったらいいなと思うスイッチが見つかるかもしれません。色々探してみるのも面白いと思います。

一部を紹介します。

とったらリモコン

とったらリモコン

ハンドルを取るとリモコンに早変わり。
ベッドから出てあかりをつけたり消したりするのと不便ですよね。とったらリモコンならスイッチから発信機(リモコン)を取り外せてベッドの中にいながら点灯、消灯することができます。

スイッチにリモコンをつけたことで適合負荷容量内なら照明器具の種類を問わずワイヤレスリモコンの快適操作が実現。ダウンライト、ブラケットシャンデリア、もリモコン操作できます。
寝る前にベッドで読書していて寝る時にスイッチを消しに行くのが面倒だなと感じる方におすすめスイッチですね。

あけたらコンセント

あけたらコンセント

普段はワイドな壁スイッチとして照明をオンオフに使用します。

スイッチハンドルを開けると便利なコンセントが現れ電気製品の電源として使えます。スイッチハンドルが開いた状態でも照明をオンオフできます。
洗面所のスイッチをあけたらコンセントに取り替えてコンセントからドライヤーなどの電源に使用する。
一時的に部屋で電気暖房機や扇風機、掃除機などのコンセントを使いたい場合には大変便利となります。
廊下のスイッチをあけたらコンセントに取り替えることで掃除機などを使う時に便利になります。

換気扇遅れ停止スイッチ

消し遅れスイッチ

トイレの換気扇でトイレを使用した後に照明を切ると同時に換気扇を切るとしっかり換気できてない場合があります。
しかし照明だけ切って換気扇をつけてをおいて、また後で消しに行くというのは大変面倒になります。

換気扇遅れ停止スイッチならワンプッシュで照明と換気扇を同時にオン。
スイッチオフにすると照明はすぐに消え換気扇のみ一定時間後に自動で オフ になります。

換気扇の動作タイマーは最大で0から30分なぜ設定することができます。

その他にもさまざまなスイッチがあります。

こんなスイッチあったらいいなが商品として発売されている場合もあります。

ご自身で探してみるもの面白いと思います。また電気工事店にご相談されても最適なスイッチをご提案して頂けます。
【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記 毎日更新

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.