防犯灯新設工事 防犯灯取替工事

防犯灯工事

運送会社敷地内、賃貸駐車場などで照明がない状態ですと夜間見通しが悪かったり、車両にいたずらをされる場合がありますので防犯灯で明るくして被害に合わないようしませんか。

電気契約がない場合は電灯新設工事

駐車場に防犯灯の設置を検討した時に駐車場に電灯契約がない場合は新たに電灯契約をする必要があります。駐車場に建物がある場合は電柱からの引込線を建物に取れる場合も有ります。

駐車場が更地で電柱からの引込線をとる場所がない場合は引込ポールを設置して受電して行きます。駐車場防犯灯工事は電気の工事屋さん に無料見積もり、無料相談しましょう。

駐車場に新たに電灯契約新設する場合は、電気の工事屋さん へ無料現場調査 無料見積りを依頼しましょう。

電力会社申請

駐車場のどこに引込線を設置するのかどのような電気設備にするのか電気の工事屋さんと打ち合わせをして、電力会社へ電気の工事屋さん より申請を行います。

引込ポール設置工事

引込ポール設置工事は駐車場に建物がなく電柱より引込線を受電する場所がない場合に引込ポール設置工事が必要となります。引込ポールは設置と引込線の電柱の位置によって設置する引込ポールの高さが変わって来ます。

引込ポールの設置位置また、引込ポールの種類高さは電気の工事屋さん に無料現場調査を依頼して最適な引込ポール位置や高さ、引込ポール種類を提案してもらいましょう。

分電盤改修工事

建物に電柱から引込線を引込みした場合は、建物側面に、引込ポールを設置した場合は引込ポール下部に分電盤を設置します。駐車場に防犯灯数台また防犯カメラ設置ですと分電盤も漏電ブレーカーと配線用遮断器数個の比較的小規模の分電盤を設置します。

防犯灯に点滅器(暗くなったら点灯して明るくなったら消える装置)やタイマーを設置する場合は分電盤内に設置します。

配線工事

駐車場で防犯灯だけを使用するのか?その他になど高圧洗浄機など機械を使用するのかによって電気契約が変わります。契約によって幹線の種類サイズ決まりますので電気の工事屋さん に無料見積、現場調査依頼時に使用したい電気機器を伝えましょう。

防犯灯取付工事

分電盤より防犯灯設置場所まで配線を行い、防犯灯を設置して、点灯確認をして完了となります。

町内会などで電柱に設置してある防犯灯取替新設工事

電力会社申請

町内の電柱に防犯灯を設置する場合も電力会社へ申請が必要になります。

電柱に防犯灯新設取替工事

電力会社に申請後、電力会社の承諾後電柱に防犯灯を設置して工事完了になります。

町内の電柱に防犯灯を新設、交換をご検討の場合は、【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料 にご相談下さい。電力会社申請から工事まで迅速対応。

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.