LAN配線工事 工事内容 工事価格はいくら

lan配線工事

LAN配線工事 工事内容 工事価格はいくら

LAN配線工事の種類、工事内容、工事価格を詳しく見ていきましょう。

LAN配線工事の種類

お家でインターネットを使用する場合は主に下記の2種類の方法があります。詳しく見ていきましょう。※下記の解説はインターネット回線契約している状態での解説になります。

無線LAN

無線LAN

無線LANを使用する場合はモデムやルーター付近に無線LANルーターを増設します。
無線LANは電子機器に無線LANルーターからの電波を受信接続するので有線LANのようにLANケーブル配線工事の必要がありません。

ご自宅でスマートフォンやiPadなどを無線LANで接続する場合はモデムやルーターから無線LANルーターを設置して無線LANルーターから電波を受信してインターネットに接続します。

無線LANメリット
・LANケーブル配線工事の必要がない。
・電子機器の増設、移設が簡単にできる。

無線LANデメリット
・無線LANルーターから離れると受信電波が弱くなる。
・セキュリティ面が心配
・有線LANより速度が遅くなる

通常スマートフォンやiPadなどのように有線LANケーブルを使用してインターネットを利用出来ない(アダプタを使えば有線でも接続可能)電子機器は無線LANで接続してインターネットを利用できます。

無線LANを利用する場合は無線LANルーターを購入してルーター、スイッチングHABなどに接続設定すれば利用可能です。

有線LAN

有線LAN

有線LANはモデムやルーターから電子機器を使用したい場所までLAN ケーブルを配線することによって電子機器でインターネットを使用する事ができるようになります。

有線LANのメリット
・通信速度が無線より早く安定している
・セキュリティが安定

有線LANのデメリット
・LANケーブル配線工事が必要
・各電子機器にLAN配線が必要
・施工に費用がかかる

有線LANは無線LANと違いLAN ケーブル配線工事が必要となります。
建物の構造によって工事内容や工事価格が変わってきます。

有線 LAN 配線工事の内容について詳しく見ていきましょう。

 

インターネットの利用状況によって無線LAN、有線LANを決めると良いですね。インターネットでゲームや仕事をする方は有線LANを選択する場合が多いですね。

 

自宅のルータ、モデム、HABの位置を確認しましょう。

インターネット回線契約を契約したときに設置してもらえるモデムとルーターの位置を確認しましょう。

ご家庭で新築の場合はインターネット回線の線が屋外から配管中を通して室内のコンセント付近まで配線してある場合やエアコンの貫通穴を通して露出配線してある場合、分電盤の隣に情報盤が設置してあるなど建物状況によってモデムやルーター設置場所かわってきます。

ビルやマンションなどは管理会社に聞いて見ましょう。ルーターが設置してある場所がLANケーブル配線工事の施工開始場所となります。スイッチングHABが設置してある場合はHABから配線ができる場合もあります。

LAN配線を施工したい場所を確認

LAN ケーブルを配線してパソコンなどの電子機器を使いたい場所を確認しましょう。

ルーターまたはスイッチングハブからパソコンなどインターネットを使用したい場所までLANケーブル配線工事を行います。ルーターやスイッチングハブが1階にありパソコンなどインターネットを2階で使いたい場合は1階のルーターまたはスイッチングHUB から2階のパソコンを使う部屋までLANケーブル配線工事が必要となります。

LANケーブル配線工事が既設配管の中を配線できるのか、露出配線になるのか隠蔽配線できるのか外壁面を配線するのか室内を配線するのかで工事内容工事代金が大きく変わってきますので電気工事店に相談して最適な方法を教えてもらいましょう。

有線LANケーブル配線工事は建物の構造によって隠蔽配線できるか露出配線になるのか異なります。配線経路については電気工事店に相談しましょう。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

LANケーブルの種類を確認する

カテゴリ6

LAN配線カテゴリ6

Cat6とは、1000BASE-T・1000BASE-TX・10GBASE-T対応の高速転送用LANケーブルを指します。

Cat5および5e、Cat3などの既存の下位規格との上位互換も可能です。4対のツイストペアケーブルの仕様で、コネクタはRJ-45(8P8C)。250MHzまでの帯域を用いて通信を行います。これにより安定した高速通信が可能で、さまざまな用途にて活用されています。

カテゴリ6A

LANcat6a

CAT6Aケーブルとは、通信速度10Gbps、伝送帯域500MHzのLANケーブルです。
全国の学校ICT環境を一律整備する「GIGAスクール構想」の「校内LAN配線」では「10Gbpsで接続可能なCat6A以上のLANケーブルの利用を指定する」と、Cat6A以上を使った配線が義務付けられています。

CAT6とCAT6Aを比べてみると、
CAT6の通信通信速度は1Gbps、CAT6Aの通信速度は10Gbpsで約10倍
CAT6の伝送帯域は250MHz、CAT6Aの伝送帯域は500MHzで約2倍の性能となります。

LANケーブル配線をお考えの方はこれからやってくるネットワーク時代に対応できるようCAT6Aケーブルを検討してみましょう。

テレワーク、オフィス、パソコンゲームや動画視聴でインターネットを使用するならCAT6Aがおすすめです。お家でインターネットを利用するだけならCAT6でも十分です。
CAT6とCAT6Aではコンセント、コネクタの価格が違いますので工事見積金額と使用用途を考慮して決めると良いでしょう。

LAN配線工事内容

LANケーブル配線工事は下記の既設配管がある場合とない場合の2種類に分かれます。工事内容が大きく変わってきますので詳しく見ていきましょう。

既設配管が設置してある場合

ご家庭でLAN配線工事を行う場合は、比較的新しいお家ですと住宅を建てるときに情報盤やモデム近くの壁面コンセントから各部屋までLAN用空配管が配管してあります。
空配管が配管してある場合は、空配管内にLANケーブルを通してインターネットを利用したい部屋までLANケーブルを配線します。

工事内容は既設配管内にスチール線を通して通したスチール線にLANケーブルを接続してスチール線を引き抜く事で既設配管内にLANケーブルを配線していきます。既設配管が設置してある場合は比較的簡単にLAN配線が可能でLANコンセントを設置すればLAN配線は露出なしでスッキリきれいに配線できます。

まず、ご家庭にLAN用空配管が設置してあるか電気通信図面などで確認しましょう。

既設配管がない場合

既設配管がない場合は、ルーター又はスイッチングHABからインターネットを利用したい部屋までLANケーブルを配線する必要があります。既設の配管がないのでルーターまたスイッチングHABから室内をすべてプラモールによる露出配線工事または外壁面をビニールパイプによる露出配管配線工事してLANケーブルをインターネットを使用したい場所まで配線する工事が必要となります。

既設配管がないLAN配線工事の注意点

・配線経路が室内プラモール露出配線になるのか隠蔽配線または屋外壁面までLANケーブルを配線してビニールパープによる露出配管配線になるのかを確認する。

・LANケーブルをどのような経路で配線するのか?壁面に貫通穴をあけるのか?壁面防水処理方法など必ず電気工事店に確認しましょう。既設の配管がない場合は基本露出配線工事となります。

例えばルーター、スイッチングHABが1階で2階の部屋でインターネットを利用したい場合は、階段や廊下室内をすべてプラモールを設置してLANケーブルを配線していく方法。または1階ルーター、スイッチングHABからプラモール露出配線で外壁面までLANケーブルを配線して外壁面をビニールパイプ配管配線工事で2階までLANケーブルを配線する方法など工事方法は建物構造によって変わってきます。

既設配管がない場合の LAN 配線工事は配線経路また工事内容によって価格が大きく変わってきます必ず見積もりを取るようにしましょう。【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

既設配管がある場合は、きれいにすっきり配線できますが、既設配管がない場合は必ず電気工事店に相談して配線経路、配線方法を確認して御見積を依頼しましょう。

LANコンセントを設置する場合

LANコンセント工事

LAN配線工事はケーブル両端に端末処理を行いますが壁面にLANコンセントを設置することもできます。LANコンセント設置工事費は追加でかかりますが配線をスッキリさせたい方にはおすすめです。

CAT6 CAT6Aでコンセント価格が違いますのでお見積りで金額を確認しましょう。

LAN配線工事価格

既設配管がある場合の工事価格

既設配管がある場合は比較的工事がしやすいのでLANケーブル配線1本(10m)あたり

CAT6 LAN配線工事(端末処理込)18,000円~   LANコンセント設置工事5,000円~

CAT6A LAN配線工事(端末処理込)35,000円~  LANコンセント設置工事9,800円~となっています。

LANケーブルは端末処理でインターネットは使用できます。LANケーブル配線工事を複数個所同時で工事希望の場合は、工事店によっては割引の対象となります。

住宅内のすべての既設配管にLANケーブル配線たとえば6ヶ所依頼したら値引きできないか御見積時に電気工事店に相談してみましょう。【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

既設配管がない場合の工事価格

既設配管がない場合は建物構造、配線経路、使用材料によっておおきく工事金額が変わってきます。既設配管ない場合の工事価格は概算となります。参考までに記載いたします。LANケーブル配線1本(10m)を想定しています。

CAT6 LAN配線工事(端末処理込)35,000円~   LANコンセント設置工事5,000円~

CAT6A LAN配線工事(端末処理込)54,800円~  LANコンセント設置工事9,800円~となっています。

LANケーブルは端末処理でインターネットは使用できます。LANケーブル配線工事を複数個所同時で工事希望の場合は、工事店によっては割引の対象となります。

既設配管がない場合のLAN配線工事は必ず電気工事店に相談をしてLAN配線経路、使用材料を含めた御見積を出してもらいましょう。【電気の工事屋さん】電話相談、見積無料

LAN配線工事は自分でできる?

LAN配線工事は特に資格が要りませんのでDIYでも施工できます。LANケーブルの端末処理などは道具が必要となりますので道具をそろえてDIYでやるのか電気工事店に依頼をするのか御見積を取ってから検討してみてもいいと思います。

なおLAN配線工事と同時にパソコンなどの電子機器用コンセント増設を希望の場合は、コンセント増設工事には「電気工事士」の免許が必要となります。

自分でLAN配線工事をご検討の方は、LAN配線工事はDIYでも施工できますが自分で施工する場合の材料、道具などの購入金額と電気工事店のLAN配線工事の御見積金額を比べて検討してみましょう。【電気の工事屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

電気工事ナビ 電気工事ブログ 施工日記 毎日更新

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

関連記事

無料登録 電気工事店を大募集

電気工事登録
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.