住宅内コンセント増設工事

住宅内コンセント増設工事

お家で生活している中で、「部屋のこの場所にコンセントがあったら良いな!」
「部屋の家具の移動によってコンセントが隠れてしまった。」など
お困りの際は、生活に最適な場所にコンセント増設工事を
電気工事店に依頼しましょう。

工事の方法は主に2種類あります。

・既設のコンセントから配線増設する方法
・天井裏の電線結線部分から配線して増設する方法

2種類の工事を詳しく見ていきましょう。

既設のコンセントから配線増設する方法

こちらの工事を選択する主な場合は、
・1階でコンセントを増設したい場合。
・増設したい場所の近くにコンセントがある場合。
・現在2口コンセントが付いているが4口コンセントにしたい。など

天井裏の電線結線部分から配線して増設する方法

こちらの工事を選択する主な場合は、
・2階の部屋に増設する場合。(屋根裏に入れること平屋も同様)など

コンセント増設時の注意点

建物の構造(在来工法、ツーバイフォー工法、軽量鉄骨)
コンセント増設場所によって隠蔽配線(壁の中に線を隠す配線)
できるかどうか変わってきます。
隠蔽配線できない場合は、モール配線など露出配線になります。

コンセント種類によってはアース接地工事も必要となります。
コンセント増設時は電気工事店にまず相談しましょう。

 

コンセント増設工事

 2口コンセント  3口コンセント アース付き2口コンセント

 

住宅内コンセント増設工事(管理人調べ)

2口コンセント増設工事の場合は、

工事価格はおよそ8,000円~となっています。

露出配線の場合はモール部材やビニールパイプ部材などは
別途になっていますので電気工事店にどのような材料で増設工事するのか
しっかりと確認する事も重要です。

 モール  モール部材 パイプ菅


⑤まずはお見積もり

住宅などの電気工事は、各住宅によって電気設備や建物の構造が違いますので
まずは、しっかりとお見積もりを取ることが大事です。

注)電気工事を行なうには電気工事士の資格が必要です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 感震ブレーカー設置工事

    感震ブレーカー設置工事 今回は、感震ブレーカーのご紹介です。 近頃、感震ブレーカーが注目されてい…

ピックアップ記事

  1. 感震ブレーカー設置工事 今回は、感震ブレーカーのご紹介です。 近頃、感震ブレーカーが注目されてい…
  2. 配線ダクト(ライティングダクト)工事 お部屋の照明をお考えになる時、照明器具は様々な種類があります…
  3. EV充電コンセント工事 鍵付きコンセント 「電気自動車を買ったので自宅にEV専用コンセントがほしい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ピックアップ記事

  1. 感震ブレーカー設置工事 今回は、感震ブレーカーのご紹介です。 近頃、感震ブレーカーが注目されてい…
  2. 配線ダクト(ライティングダクト)工事 お部屋の照明をお考えになる時、照明器具は様々な種類があります…
  3. EV充電コンセント工事 鍵付きコンセント 「電気自動車を買ったので自宅にEV専用コンセントがほしい…

ランキング

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.