100V~200Vへ電圧変更工事

100V~200Vへの電圧変更工事が必要となる場合は、
特に多いのが買換えたエアコンが200Vだった場合などが考えられます。
このページでは既設の設備が単相3線式、200Vに切替えるコンセントが
専用配線コンセントであるとの条件です。

それでは電圧変更工事はどのような工事が必要で、
工事価格の相場はいくらなのか見ていきましょう。
現在の既設の電気設備が単相2線式の場合は、単三改修工事が別途必要になります。
詳しくは単三改修工事をご覧ください。

①100V~200Vへ電圧変更工事内容

・配電盤内での電圧切替工事
・配電盤内ブレーカー取替え工事
・コンセント取替え工事

主に上記の3つの工事が必要となります。

配電盤内での切替工事の説明

電圧切替工事

上記の図ように200Vに切替工事は銅バーを組み替えるか、
スリムブレーカーの場合はブレーカーでの切替が必要となります。
・配電盤内ブレーカー取替え工事

下記の2P2Eブレーカーに取り替える必要があります。(例パナソニック)

・コンセント取替え工事

現在の100Vコンセントから200V専用コンセントに取替えが必要です。

200Vコンセントを設置する場合の注意点

・200Vに切替えるコンセントは必ず専用配線コンセントであること
・古いお家などですと単相2線式の電気設備の場合は
200Vを取ることができません。
200Vを使おうとする場合は、単相3線式に改修工事が必要となります。
ご注意下さい。

②100V~200Vへ電圧変更工事の概算料金(管理人調べ)

電圧切替工事は8,000円~となっていますね。

④工事に必要な主な材料紹介

クリックすると詳しく表示されます。

⑤まずはお見積もり

住宅などの電気工事は、各住宅によって電気設備や建物の構造が違いますので
まずは、しっかりとお見積もりを取ることが大事です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 感震ブレーカー設置工事

    感震ブレーカー設置工事 今回は、感震ブレーカーのご紹介です。 近頃、感震ブレーカーが注目されてい…

ピックアップ記事

  1. 感震ブレーカー設置工事 今回は、感震ブレーカーのご紹介です。 近頃、感震ブレーカーが注目されてい…
  2. 配線ダクト(ライティングダクト)工事 お部屋の照明をお考えになる時、照明器具は様々な種類があります…
  3. EV充電コンセント工事 鍵付きコンセント 「電気自動車を買ったので自宅にEV専用コンセントがほしい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ピックアップ記事

  1. 感震ブレーカー設置工事 今回は、感震ブレーカーのご紹介です。 近頃、感震ブレーカーが注目されてい…
  2. 配線ダクト(ライティングダクト)工事 お部屋の照明をお考えになる時、照明器具は様々な種類があります…
  3. EV充電コンセント工事 鍵付きコンセント 「電気自動車を買ったので自宅にEV専用コンセントがほしい…

ランキング

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.